バックナンバー
  • トップ /
  • 葬儀のイメージと費用の事前把握

葬儀の費用とイメージの把握準備

葬儀を営むに当たって、最も悩むのは、どこでどんなイメージの葬儀を行うべきか、またそのイメージで営んだ時に費用がその程度かかるのかと言う点でしょう。こうした事を事前に親族でイメージ合せしていないと、病院で親族が亡くなった時にバタバタとしてしまうものです。そんな事が無い様に、高齢者が居られる家庭では、事前に一般の葬儀を営む会館や家族葬専用の会館を訪れて、見学と相談を行い料金を含めたイメージを固めて置く事がお勧めです。重い病気を患い、病院に入院するような段階では、何となく気が引ける為、高齢者が元気な間に、そうした準備をして置く方が良いと言えます。実際に会館の式場や控室等の施設を見学し、祭壇の種類や様々な備品のランクによって必要な概略費用を把握する事も必要です。この際、実際に参列者の人数を仮定し、祭壇のランクや棺や各種の備品のランクを実際に決めて、見積もりしてもらうのがお勧めです。一般的に、葬儀会館ではカタログを用意しており、その中ではパック的に何種類かの例が示され、その総額も記載されています。しかし、必要な経費の中でそのパック料金に含まれていないものもあれば、実際に葬儀に際して業者が進める祭壇や備品のランクを落として見積もられ、格安に見せる傾向がある為、万全な準備として費用を把握するには、やはり実際にすべて必要な費用を見積もってもらう事が重要なのです。これに導師を勤めてもらうお寺さんへのお布施や食事代やお車代の相場も教えてもらい、プラスすればすべての費用が把握できます。縁起が悪いと、タブー視するのではなく、準備をしていれば、いざと言う時に慌てる事もないのです。

↑PAGE TOP