バックナンバー
  • トップ /
  • 栃木県宇都宮でお葬式なら

さまざまな葬儀のスタイル

最近の葬儀にはさまざまなスタイルがあり、特徴もそれぞれ違います。従来型のものは「一般葬」と呼ばれ、さまざまな方を大勢呼ぶのが特徴であるため、社会的な人間関係を重視したい場合に向いています。そして、最近都市部で主流となっているのは、身内だけで小規模に行う「家族葬」であり、アットホームな葬儀を希望する場合に向いていると言えます。さらに最もシンプルなスタイルとしては、火葬のみを行うという「火葬式」と呼ばれるものがあり、格安で済ませられるという特徴があります。

人の死を弔うための葬儀

葬儀は旧石器時代から存在していて、死者を埋める儀式として行われていました。日本ではそれは死者に別れを告げる悲しみの場としてとらえられていますが、海外では、死者の新たな門出の祝として盛大に葬るところもあります。日本での葬儀は宗教によって異なりますが、大抵の場合死者との別れを偲ぶ儀式であるとともに、残された者のための精神的な処理方法とともに、社会的な処置として世間に誰がなくなったのかを知らせるためのものでもあります。

↑PAGE TOP