バックナンバー
  • トップ /
  • 葬式でのお焼香の仕方とは

葬式でのお焼香の仕方について

親しい人や知人が亡くなった場合、葬式に赴きお焼香を行います。お焼香は宗派によってやり方が異なりますが、だいたいは左手に数珠を持ち、右手親指、人差し指、中指でお香をつまみ、目の上あたりまでおしあげ、そっと落とす、というようになっています。女性の場合、葬式においてもバッグを持参しますが、必ずバッグは下に置くなどし手に持ったままお焼香を行わないようにします。座っていたところに置いておく場合はなくならないように注意します。

様変わりする葬儀のスタイル

広く弔問客を受け入れる従来型の葬儀から、現代では家族や親族などごく近しい人々のみで営む家族葬が増えています。家族葬は密葬と混同されがちですが、密葬が本葬とセットであるのに対し、家族葬は単独で行われます。家族葬は知らない弔問客への対応に追われることなく、お別れの時間を有意義に過ごすことができます。一方、故人が生前、親しくしていた人を排除して気分を害されることや後日、弔問客が訪れて対応しなければならない場合もあります。生前、故人が望む葬儀方法を書き留めておけば、遺族としてもありがたいものです。

↑PAGE TOP