バックナンバー
  • トップ

葬儀の準備は業者と相談しながら

大切な人が亡くなった後、早急に行わなければならないのが葬儀の準備です。これは業者の方と相談しながら進めていくこととなります。まず最初に決めるのは、亡くなった方を安置する場所です。自宅に安置する場合は、搬送だけ病院が提携する業者に頼むことも可能です。ただし葬儀は他の業者で行いたい場合は、必ずその旨を伝えておく必要があります。一方、自宅以外で安置する必要がある場合は、搬送の時点で葬儀まで行う業者を先に決める必要があります。自宅以外で安置する場合、専門的なところで安置する必要があり、そうなると搬送と式を別々のところに頼むのは難しいからです。無事に故人の安置を行うことができたら、次に故人や家の宗教がどこだったかを調べていきます。というのも、宗教・宗派によって葬儀の行い方は異なるため、事前に宗派を伝えて準備をしていく必要があるからです。特に日本の場合、ほとんどは仏式で行われますが、宗派によって形式や念仏の内容が異なります。そして異なる宗派で葬儀を行ってしまうと、後で埋葬ができなくなってしまう恐れがあるため、注意が必要です。宗派を業者に伝えたら、具体的にどの位人数を呼ぶか、何の形式にするか、香典返しや食事・お供え物はどうするかなど、具体的な準備を進めていきます。この時、故人の想いに少しでも応えていくことが重要となります。

↑PAGE TOP